スーツやネクタイについてのサイトです。

スーツ・スタイル

スーツ アパレル

スーツ・スタイルは現在、ブランド、メーカー、デザイナーの名前がつけられ、たくさんのスタイルがあるように考えがちですが、実はクラシックなスーツスタイルは、3つに分けられます。
ブリティッシュ・スタイルとコンチネンタル・スタイル(イタリアンやフレンチ・スタイル)、そしてアメリカン・スタイルです。そして、スーツはT・P・O、つまり「TIME」、「PLACE」、「OCCASION」、時間と場所と行事を使い分けて、着こなしをするということです。
スーツの用途として、社交にはクラシック・スーツ、ビジネスにはビジネス・スーツ、そして街着(タウンウェアー)には、カジュアルスーツの着用に分けられますが、現在では、準礼装としても身につけることが出来ます。


ブリティッシュ・スタイル

ブリティッシュ・スタイルの特長を説明します。このスーツはロンドンのサヴィル・ロウのキルガーフレンチ&スタンバリー(現在は、キルガー社)というところで、チーフカッターとして勤務しました。
ちなみに、サヴィル・ロウは、ハンツマン、ヘンリープール、ギブスアンドフォークスなど一流テーラーが集まっている通りで、日本の背広(セビロ)は、この地名、サヴィル・ロウからとったものとされています。
肩はナチョラル・ショルダーで胸のボリュームがあり、ウェストはしぼってあります。ウェストラインはルーズフィットで、着用してみるとゆったりしているんですが、スーツ自体は非常にスリムになっています。
これは、オールハンドメイドの特長です。既製服やイージーオーダーのマシンメイドとの違いははっきりしていて、このラインはできません。

ブリティッシュ・スタイル2

また、肩のラインはフルネスが、生地によって1.5cmから2.5cmあり、非常に前肩になっています。そして、カラーとピッタリフィットして、電車に乗って吊り革につかまったり、ダンスをして両腕をあげてもスーツ全体でうかずに肩にぴったり吸いついています。
またラペルの芯地には、手縫いで八刺(はざし)がしてありますので、10年以上着用しても、ラペルが前にそり返ってくることはなく、いつまでもピシッとしたきれいな美しいラペルを維持できる訳です。八刺は、八(8の字)を書く様に縫うので、八刺と言います。

★スポンサー★





★スポンサー★